安心して暮らせるように土壌汚染調査は必須

自主的検査が大多数

作業員

簡易調査が可能なことも

3000平方メートルを超える広い面積の有害物質を扱った実績のある工場跡地を掘削する場合は、法律によって土壌汚染調査をしなければいけませんが、実際に行われている土壌汚染調査のうちの実に80%以上が自習的に行われている調査なのです。土壌汚染調査には調査をするために費用がかかりますが、それでも自習的に行うのは、土地が汚染されている心配があると土地価格が下落してしまうことと買主が健康被害が起きたら困るという理由で行われています。土壌汚染調査をしてもらう業者を選ぶ時は、必ず環境大臣によって指定された指定調査機関を利用するようにしてください。指定調査機関には必ず土壌汚染調査の専門家がいることが義務付けられているので、嘘いつわりのない調査と報告を受けられます。指定調査機関による報告であれば、信用に値するため汚染が心配されるところでも汚染が認められない場合には、土地価格は回復します。もし、自習的に行う調査で購入した土地の汚染が気になる場合に、法律で定められた調査方法では費用がかかりすぎて困るという場合でも指定調査機関を利用するようにしてください。汚染されているか否か、または汚染されている場合はその対策にどれくらいの費用がかかるかを知る目的を告げれば、法令で定められた検査ほどサンプル数を取らなくても対応をしてくれる機関はあります。指定調査機関に自主的調査のため、簡易的な調査をしてほしいと伝えて、相談してみてください。